続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
さだ田んぼ2006 始動開始! 種まき編 22:38
知る人ぞ知る、昨年突発的に始めた笑いあり涙ありの・・・さだ田んぼ。

正直申し上げまして、その想像を絶する草との戦いと寝起きの悪さというどーしよーもないワタクシの事実に、今年はぶっちゃけ、やめちゃおうかな〜なんて弱気モードで冬を過ごしておりました。

がしかーーーし!!

ワタクシの貴重なお米を買ったり召し上がったりしてくださった皆々様・・・
練馬区Sさん(15キロ)
川崎市Uさん(15キロ)
千葉県Oさん(5キロ)
町田市Oさん(5キロ)
川口市Iさん(5キロ)
多摩市Hさん(5キロ)
横浜市Kさん(5キロ)

などなどから、
「さだ米うまかった!!!」とか
「もっとほしい!!!」
「サインがかわいい!!!」
などなど素直なご感想を数多くお聞かせいただいたうえ

強力な助っ人たけちゃんまんから
(つーか、この人がいないとできないんですけど・・・汗)

「いーじゃん。みんなでワイワイ楽しくやればさっ!
そーゆー楽しみ方もあるってことを近所の農家の人にも知ってもらえるんだし、手伝いに来る人だって楽しんでるんだから、それでいいんだよ!」
などという涙チョチョぎれんばかりのお言葉をいただいた途端には・・・



「あ、あのーーー・・・た、たたた種まきはいつでしょうか?」
などと、か細い声でオーナー様に電話をかけてしまったワタクシがいたのでした。


そして奇しくも種まき当日、さだ米消費者代表(?)多摩市Hさんが遊びに来てくれたので、夜はHさん、オーナー様、応援隊の皆さんという豪華絢爛メンバーによる「さだ田んぼ決起総会」・・・的ただの飲み会が開催されまして、

「さだを甘やかしちゃいかん!」
「いや、でもおいしいから、私は今年も買うわよ!」
「大体、『さだ米』じゃねーだろ!みんなでやったんだから!!」
「いーじゃん。楽しめばーー。そーゆーおもしろおかしさも農業には必要なんだ!」
「いやいや、そんなに世の中甘くはないんだ!」
 

などなど多種多様な議論が、それはそれは活発に交わされましたが
・・・結局のところ何が正しいのかは、よくわかりませんでした。


種まき1
              ザ★種まきマシーン。

     プレートを端っこに次々並べていくとベルトコンベア式に流れてゆき
     土・・・ドサーっ
     種(発芽玄米)・・・ドサーっ
     水・・・チャラーっ
     土・・・パラーっ

     の順に仕上がっていきます。
     なんて便利なのーーー!といいたいところではありますが、

     プレートを並べる人
     土や種を補充する人
     仕上がったプレートを積み上げていく人
     などなどの連携プレーがこの流れ作業を支えていきます。

種まき2種まき3

            土と種の図                   水チャラーーーの図
ちなみに土はJAいわて花巻の中苗用培土「ネオ」(1キロあたり窒素0.9g、リン酸1.2g、カリ0.6g)を使用。

これをハウスに1枚1枚並べて田植えをするその日まで毎朝水をかけ&温度管理を行うのです。(オーナーが)
種まき5
              なんか壮観!あのーーとっても暑いんですけど・・・


   でも、ワタクシのすばらしい活躍により予定時刻よりも早く終了!
   すばらしーーー!!!!
   その数240枚。このうち「さだ米」になるのは10枚ぐらいかな?


   とにかく終わって一安心。さ、お茶っこお茶っこ〜・・・と思いきや





   「ほんじゃ肥料ふりしておけ」

    ・・・・容赦ない指令が天から聞こえてまいりまして



   いやハウスん中暑かったんだし、まんずお茶っこのもーよーーー
   などとは口が裂けても言えるはずはなく

肥料1肥料2


           あ、あなたは誰?             これ背負ってまくの?20キロ?


    ということにあいなり、花巻発1号くん(窒素10リン酸25カリ15クド3・・・クドってなんだろ)をおんぶしたのは紛れもないワタクシ。
    早春のいつ乾くともしれぬ山際のビチョビチョさだ田んぼへ突撃。

肥料3
     あーあー。重いうえに歩きづらいんだよ、まったくもーーー。
    
    ってなかんぢで、降り加減もよくわからないまま、よろめきつつどうにか1.5往復。
    とーーーっても不均等な肥料降りを無事終了いたしました〜。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、こんな日でも、ちゃんとさだ田んぼには収穫があるものでして

 
のびる発見
         おおおおお!!なんですかこれは!!!!
         ・・・って、ただ穴ほってんじゃないのよ。
         早春の味「のびる」くんを収穫中。
         味噌つけて食べるとうまいんですね〜。
         コレが。・・・つまみに。


         というわけで本日の収穫
本日の収穫
         右上:バッケ(ふきのとう)の茎、右下:よもぎ
         左上:のびる&あさつき     左下:のかんぞう(ぴっぴ?)

ええ、そりゃ当然、肥料ふりよりこっちの時間のほうが長かったですとも!
そしてもちろん自分で料理・・・するはずもなく、宴会場「いこい」にそのまま持ちこみ

「おかーさーーーん、コレーーーー」
   
という非常に的確な段取りで、めでたく「さだ米決起総会」の献立となったのでした〜〜!
ちなみに、よもび&のかんぞうは天ぷら。あさつきはゆでて酢味噌。
バッケはバッケ味噌になってヤッコでいただきました!   
・・・しっかし、我ながらイケテルプランであった。




で、えーっと次なる課題は堆肥&田掘りか
・・・うむむむむむ。
ま、そのうち考えよっと。
 
 
 

子牛
            牛もいいな〜・・・
          
           

          「・・・それだけは勘弁して」(by助っ人A)
| 田んぼ | comments(5) | trackbacks(2) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 22:38
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








こういう行事的な仕事は、楽しくやるのが一番ですよね!

そうですか、さだ米も着々とブランド力をつけてるんですね〜

今年の秋は、おらほの新米も試し売りしてみようかな・・・(==)
posted by 新米百姓@江刺 | 2006/04/18 9:02 PM |
お疲れやんす(^^;
あれ?種まきしてそのままハウスに並べて…ってことは、加温機での芽出しはしないのね?と専門話を振ってみたり。
ちなみに、クド(苦土)はマグネシウムのことですよん。

話の流れからすると、堆肥&田掘りも手作業ってことですね。
調達先にお困りなら、おすそ分けいたしますが(現物&労働力)
posted by やまたろう | 2006/04/18 10:30 PM |
楽しいことを元気にやっている人の周りには、自然に人が集まってくるもんですよね。さださん個人だけの力でなくても、「チームさだ」の「さだ米」、ということでいいのではないでしょうか。
posted by にしやん | 2006/04/19 1:43 PM |
楽しそーな雰囲気が伝わってきますね。
さだ米の味が気になりますね〜

それにしても、いろいろやっているんですね。
さださんの毎日は本当に楽しそう!
posted by KAKASI | 2006/04/19 7:33 PM |
新米百姓さん>百姓さんとこは本格派だから売れること間違いなしでしょ!
やまたろうさん>1600箱って・・・すごすぎ!!想像できまへーーーん。調達先はおかげさまで確保できましたー!
にしやんさん>ゴブサタです!お元気でしたか?いやホントこの元気を奮い立たせるのがタイヘンなわけですよ、この田んぼに関しては・・・にしやんの畑は今年はどんなかんぢなのかな?
KAKASIさん>さだ米の味、気になりますか?じゃ、秋に収穫したらぜひお店においてください!KAKASIくんの足元にでも・・・笑
posted by さだ | 2006/04/20 12:18 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sadaiwate.jugem.jp/trackback/9
春本番で、本日は稲の種まき作業。 久しぶりの快晴で風も穏やか、種まき日和!! ・・・・・つまり夏油も絶好の春スキー日和なのだが、止むを得ない。 スキー中毒の発作が起きない事を祈りつつ、頑張って稼ぐべ!! その1 事前に土を入れておいた苗箱を、手動の
| イーハトーブの新米百姓。 | 2006/04/18 9:04 PM |
昨年もちょうど今頃でしたが、週末は水稲の種まきを行いました。 今年は1,600箱で、昨年より少なめです。1日800箱をまきますので、延べ2日間の作業です。
| 農家のあとつぎの独り言 | 2006/04/18 10:34 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>