続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
カヤック冥利 20:48
とある雑誌の取材で久々の北上川を下った。

アウトドアやカヤックが専門ではない雑誌の取材だから、
難所ナシの超ミニミニツーリングで
アタシたちにとっては、もはや大した感動もないぐらいの区間だったんだけど
思いがけず、なんだかものすごく楽しかった。

なんでこんなに楽しかったかって・・・

一緒に下ったデザイナーさん&カメラマンさんが
ホントーーーーーに楽しそうだったんだよね〜。

デザイナーさんは北上川ゴムボート大会経験者で、このブログを見て
いつの日かカヌーを・・・ってなかんぢで虎視眈々と狙っていたらしい。笑
最後に「あの仕事じゃなくって、フネ買うとき相談とかしたいんですけど・・・」
といって名刺をくれた。
あれは絶対近々買うな。ヒッヒッヒッヒ。
サクッと入学を許可しといた。(・・・なんの?)

かたやカメラマンさんは、まったく初めてとのこと。
お仕事の都合上、二人乗りインフレータブルの前に乗ってもらって
漕ぎこそしなかったにも関わらず、
「いや〜・・・時間を忘れますね〜」って
見ているコッチが「もらい笑い」するぐらい
ニヤニヤしっぱなしだった。

おつきあいツーリングでも、これほどまでに喜んでもらっちゃうと
ついつい、
「でも、玉川とかもっといいんですよ!」
「あ、でも田沢湖もいいし、でもやっぱり三陸がいいんですよ!!!」
などなど、得意のオセッカイバーサンが登場しちゃうんです。

とにかく!
アタシが編集者だったら、絶対にあの二人を主役にもってくな!!
それぐらい二人の笑顔はサイコーだった。

あれだけ喜んでもらえれば、久々に出動した我らが肉まん号(ファルトボート)も
相当嬉しかったことでしょう。
肉まん冥利につきるというものです。



水の上って年齢職業を問わず誰もが自然と笑顔になれる場所なのかもしれないな〜・・・

そんなことを再認識させてもらっちゃった充実の一日でした〜〜!

rakra
| 岩手の川遊び | comments(0) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 20:48
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sadaiwate.jugem.jp/trackback/85
<< NEW | TOP | OLD>>