続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
2月の海を確かめたくて 22:41
さてさて、ホクレアとマイスが優雅な姿で太平洋を西へ西へと進んでいます。
向かい風の中、タッキングという技術を駆使したり、いろいろ困難な自然状況にもめげずみんな健康のうちに念願の最初の陸地ジョンストン環礁へたどり着いたようです
航海の軌跡は、ぜひコチラをご覧ください!

そして、我らのマイス号が優雅に海を航行する写真がPVSに掲載されましたね。
ヤスリをかけたり、掃除したり、いつ完成するのか甚だ疑問だった、あのマイス号です!

アタシはその写真を見た途端には、そのあまりにも優雅であまりにも美しい姿に感極まりすぎました。
それで・・・あの・・・暖冬とはいえ、すこぶる寒く、フツーなら雪山にでも行ってろよっ!ってかんぢのこの季節なことは、重々承知つかまっておるのではございますけれど、
アタシは・・・アタシは・・・・・・・・・・・

その・・・・・
あの・・・・・・・

なんだか、どうしても・・・海が見たくなってしまって、それで三陸に行ってしまいました。
もちろん、この季節の三陸は、透明度がとってもよくって、とってもスバラシイ!
ってことはウワサには聞いてはいても、それより何より西風のほうがすこぶる強くて、
とってもじゃないけど条件がよっぽどよくなきゃ漕げやしないんです。

それで、いちお艇は積まず、けれどもウェアやらなにやら身の回りのものは、とりあえず整えて艇さえ借りれば漕げる体制で行ってはみたものの、沿岸にたどり着いてみれば、やっぱり西風強し。。。
こんなときに、それでも単独で海に出るほど、チキンさだ、強くはございません。

ま、それも重々承知のうえで来ちゃったわけですから、こんなときは第2プランに
即効変更!
そう、アタシの第2プラン・・・それは、もちろんトレッキング!

アタシはね、アタシはね・・・
もっかのところ鳥しか目印のない中、確実にゆっくりと目的地に向って
進路を進めるホクレア&マイスが浮かぶ海を・・・
たとえ遠く離れていても同じ海を心ゆくまで眺めたかったの。

それでいて、でもやっぱり自分が漕いだ海がよかった。
とても自己満足な理由だけど、それはそれ。
だから・・・今回は首崎を目指すことにしたのです。

首崎は、陸も海も制覇しちゃった場所だけど、でもやっぱり、すんごくいい場所。
仲間と行くのと一人で行くのとはワケが違うし・・・。

って志こそスバラシイものがあったんだけど・・・
あれ?こんな怪しい林道だったっけ?
しかも、こんなに長かった??

行けども行けども、車両1台分のガタガタ林道。
すれ違う車などありません。あえてすれ違ったといえばカモシカの子供・・・。
いつ崖崩れが起きてもおかしくない、そして、たとえ今崖崩れが起きて
巻き込まれたとしても、発見されるまでには数ヶ月ぐらいはかかりそうな山道が
延々と・・・。
ま、ぶっちゃけ、オナゴ一人ではフツー行かないだろうってかんぢの道です。
心細さが倍増する中、ここで崖に落ちてはならんという思いだけで、ソロリソロリと
突き進み、ようやく首崎灯台へ続く錆びれた第一鳥居が見えたときは・・・・
心から・・・人っ子一人いないにも関わらず、マジで心から安心いたしました。

古ぼけた鳥居の前に車を停め、ランチとカメラを持って灯台を歩いて目指します。

ああ・・・そうなの。





ハワイの海も、もちろんステキだったけど、
アタシは・・・

これが好きなのよーーーーーーーーーーー!!!!!!!

って叫びたくなるようなその景色は、道こそ前より朽ち果てたものの、ほぼ2年前と変わらない姿でそこにいてくれました。

どんなに目を凝らしても、もちろんホクレアもマイスも見えなかったけど、
でも・・・アタシは、こんなふうに目まぐるしく変化する社会情勢の中で
首崎が・・・そして、それに並んでずっとずーーーーっとクビを連ねる
三陸の岬たちが「そんなことオラたち全然カンケーねーさー」ってかんぢで
変わらずにそこにいてくれることに、どうしようもない気持ちになったし、それに・・・

こんなこと思っちゃいけないとわかっていたけど、そんでもすこぶる強い南西うねりの
海に少し感謝しちゃった。
だって。。。ああ、コレで今日は北からの放射能も流れてこないだろう・・・って。

皮肉にもホクレア&マイスが近づいているジョンストン環礁ってとこは、かつて米軍の核実験場だったりするし、ぶっちゃけ放射能なんて目には見えやしないから、たとえ流れてきたって確認なんて
できやしないんだけど、そんな世の中だとしても、
でも・・・どうか・・・

どうか・・・・ホクレアとマイスに誓って・・・そんなモンがこれからもずっと
流れてきませんように・・・

そう、ココだけじゃなく、世界中どっこの海にも流れてきませんように・・・


そんな祈りを心から・・・心から捧げ、これっぽっちも人気のない・・・
まるで現代社会に忘れさられたような首崎を後にしたのでした。 

《参考》札幌テレビ放送制作ドキュメンタリー『核の清算 さまよう高レベル放射性廃棄物』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

nigatukobe1
冬とは思えない?
こんな木立の中、枯葉を踏みしめながら歩いて灯台を目指します。
ま、徒歩の距離は、それほどでもないんです。それまでの運転がかなり命がけ・・・汗


nigatukobe2
やっと射程範囲内に首崎灯台!


nibatukobe3

小さな灯台ですが、アングル次第でこんなに立派。
こんなに入り組んだ地形では、海上から見たらとても重要なポジションなのかもしれませんね。


nigatukobe3
それで・・・アタシは・・・・
南国とは違う、この景色がとてつもなく好きなんです。

こんなカッコイイ海、誰にも汚されたくない。
というよりアタシは、この海に・・・逆らえません。

でも、いつかきっと、あの向こうから漕いできてやります!

・・・逆らわなければ叶うはずですから。

| 三陸カヤック | comments(6) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 22:41
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








三陸は晴れだったんですね!
それにしても、水面がキラキラしてきれい☆
でも風、、嫌ですね。
そのころ腿パウダーと戯れてました。
今年は春はやそうですね
posted by みちゃ | 2007/02/09 3:20 PM |
「気合」合宿お疲れさまでした!
水キラキラはいいけど、ホント道がやばすぎでした・・・
もう、さすがに多分あそこに一人では行きたくない。

おーそうだ。みちゃ、今度一緒に行こう!
posted by sada | 2007/02/11 10:23 PM |
チキンさだ?
いやいや、チキンじゃできないよ。だって普通の女の子は行かないよ。って、行けないよ。(笑)

さださんも三陸の自然と同じで、いつまでも変わらないんだろうね。
posted by カカシ | 2007/02/12 2:11 AM |
カカシさん!>お元気でしたか〜??
今、どこにいるのーーーー???

アタシは・・・ホント相変わらずで・・・冷汗
いやはや、もう一人では行かないですってば、マジで。
(・・・多分。)

とにかく、また時々近況報告がてらコメントしてくださいね〜!
気にかけてますから!
posted by sada | 2007/02/12 9:14 PM |
はじめまして。オアフ島在住のShantiaといいます。実は私のハワイ語の先生が今マイス号のクルーのメンバーとして航海中です。突然来たお誘いだったようで、風のように出かけていきました。

ホクレアは日本まで航海が続くので日本ではどういう反響が出てるのかなぁ?と思ってフラフラしてたらここにたどり着きました。

あと1週間ほどでマジュロに着きそうですね。
posted by Shantia | 2007/02/14 8:51 AM |
Shantiaさん>はじめまして。
わざわざホクレア&マイスがらみで、こちらにまでコメントを
お寄せくださり恐縮です。

ハワイ語の先生が突然、風のように・・・・・いかにもマイスらしいですね!

ご覧のとおりアタシは東北生息なので、実際の日本到着時の動向などはサッパリわかりませんけれど、とにかく現在の航順調なようで何よりです。
無事到着をお互い楽しみに待ちましょうね〜!
posted by sada | 2007/02/16 12:52 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>