続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
タイマグラばあちゃん 22:31
taimagura

自主上映しか行わず、観たい観たいと思いつつなかなか観れなかったこの映画。
制作ノートを読んだり、密かに自主的な下見(・・・っつっても川沿いのタイマグラ・キャンプ場でランチしただけだけど)も済ませたりして、予習はすでにバッチリ。
「もういつ上映してもいいですよ!」的状態だったのが、偶然にも雨の休日に
盛岡で上映されるという情報を入手し、
「今こそ!」とばかりに観に行ってきた。

あらすじはタイマグラばあちゃんのページを見てもらえればわかると思うけど、クリックするのが面倒くさい人のためにちょこっと書いておく。

アタシんち(東和)からだと、1.5時間ぐらいの早池峰山の
反対側、川井村に属する山ろく、電気も水道もない山間「タイマグラ」に
開拓農民として入り、じいちゃんと二人きりで・・・
そして、じいちゃん亡き後は一人ぼっちで畑をつくり、味噌をつくって暮らしつづけた、
マサヨばあちゃんの記録だ。


ばあちゃんはもう死んでしまったから、もしこの映画がなかったら、
タイマグラは無人の集落と化し、廃れ忘れられていったかもしれない。
この映画を撮影した澄川監督は15年記録を続けているうちに、タイマグラに
移住してしまい、映画にも出てくる奥畑青年やその家族、親類などが次々居を移し、
今じゃ岩手には縁もゆかりもなかった5世帯ぐらいがタイマグラに住み着き、
それぞれにソレらしいライフスタイルを築いている。
なんと元気な子供が5人もいる!

ばあちゃんが主役のこのドキュメント映画は、ばあちゃんの日常を思った以上に
淡々と語っていくわりに、あっという間に2時間が経ってしまって我ながらビックリだった。

ほいでもって、たまにコッソリ味噌もつくったりしているアタシとしては
アタシたちは、ゆでたマメをつぶすとき、あらかじめ麹菌を混ぜてやるのに、
ばあちゃんは麹菌は全然混ぜないで、ただゆでてつぶしたマメで味噌玉をつくって
小屋につるしているので、アレでホントにダイジョブなのかな〜と心配になったり
(・・・でも、ばあちゃんいわく、小屋には麹の神様がいてつるしている間に
麹菌が繁殖するらしい。
長年繰り返されてきた同じ作業行程と味噌玉をつるすワラも関係してるんじゃないかと思った。)
あとは、ばあちゃんとこでは、田んぼはできないようなのに
畑の脇にいつもハセが見えて、しかもソレを冬でも壊さないようなので、
アレはなんに使うのかな〜・・・多分大根とかマメを乾燥させるのに使うのかな〜とか、それにしたって、毎年建てたり壊したりしないで済むのはいいよな〜とか
なんだか本筋うんぬんより、わりと現実的な想像を駆け巡らせてしまった。

けど、よくよく考えてみると、こうしてアタシみたいなヘナチョコのインチキ田舎モンですら、
これぐらい想像できるってことは、少なからずアタシが見たりやったりしたことがあるからで、
どうして見たりやったりしことがあるかってゆったら、周りに、そーゆーことをしている尊敬すべき諸先輩方がフツーにいるからだ。

タイマグラほど極端でないにしろ、例えばアタシの周りはどうだろう。
ぶっちゃけ「過疎」だ。
6年生のいない小学校、全校生徒が7名の中学校なんかもある。

岩手県全体・・・いや日本全国各地で最近よく耳にするようになった「限界集落」というコトバを思い出した。
たくさんの知恵や技術の詰まった宝箱が、静かに着実に埋もれていく。

LOHASってなんだろ。スローライフってなんだろ。
そんなコトバを知らない、スーパースペシャリストな田舎のじーちゃんばーちゃんが
次々姿を消していく。

一方、タイマグラばーちゃんの家や畑は、今、この映画を見て興味半分で勝手に
見学に来たり、イタズラしたりする人もいるらしい。
 

 

過疎地の暮らしが、そんな特別なことじゃなくなればいいのになぁ〜。

タイマグラばーちゃんみたいな笑顔の人が、近所にけっこういるってのは
幸せなことかもしれないな〜・・・


・・・なぁんてことをボンヤリ思いながら、外に出たら
「あのー・・・さださんですか?」
と声をかけられた。

なんと声の主は、スーパースローライフ期待のホープ、
江刺の新米百姓くんでした!
あの若さで、こーゆー映画に興味を持つとはスバラシイ!
(しっかし・・・観客の年齢層高かったな)

いやはや、あんなちっぽけな田んぼでへこんでいるアタシなんぞは、
まだまだ小さいのーう。
とりあえず・・・来年も米つーくろっと。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
タイマグラはこんなとこ
タイマグラ『フィールド・ノート』からの便り
たいまぐら日記
映画・タイマグラばあちゃん
↓コチラは、澄川監督の制作ノート。
映画では語りつくせないことがわかって、とても面白いです。
ばあちゃんの温かみが、じんわり伝わってきます。


| 岩手情報? | comments(8) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 22:31
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








さだっちょんさま。こんにちは。
カキコミありがとぉーうございました。
で、早速「ドンブラコ生活」へも飛んでまいのました。

新しい出会いがあるといつも思うことですが、
いろんな暮らしがあるなー・・・ということ。
さだっちょんさんも、
農業を、遊びを、そして暮らしを、
とっても楽しんでいる方なのだなーと感じました。
きっと「あ〜ぁ、あのさださんですか!!」
という具合で出合う機会がありますよね。
なんてったって岩手県人同士・・・。
その日を楽しみにしていまーす。

因みに私も横浜出身&昔昔にはカヌーも随分やりました。
マイカヌー(フジタ)は岩手に越して以来一度も封印をとかれず・・・。どうなっているやら・・・ラリラリラーン?!?!
posted by chiho | 2006/11/14 8:38 AM |
通路で立ち見してませんでしたか?実は私も会場にいまして,「もしやさださん?」と思いつつ,帰りに出口近くにいたお姿をみて確信しました!私には(さだ)オーラを感じ,素敵な方だな!と映画以外で有名人にあった気分で帰りました。このブログでしか知らないのに実物をお見かけでき光栄でした。
この映画は2回目です。1度目はなぜか私用で出かけた仙台で。マサヨばあちゃんの生き方に何だか涙が止まらず・・・夜の某ライブも涙目でした。今回は今のタイマグラの人々にリンクしたくて見ました。タイマグラの人たちのような笑顔で生きていけたらいいですね。
posted by yako | 2006/11/14 8:14 PM |
これはこれは私まで(ちょい役にしろ)登場させていただくとは、いやはやお恥ずかしい・・・。

それにしても、>スーパースローライフの
"スーパー"って、"遊び呆ける"の隠語ですか!?

ご期待に添うべく、着々とシーズン入りの準備は進んでおります!
この冬は是非夏油にも遊びに来てくださいましm(_ _)m
posted by FUMI | 2006/11/14 10:04 PM |
chihoさん>こんばんわ。わざわざコチラにまで書き込みありがとうございます。
実はアタシは、けっこう前からchihoさんブログはチェックしてたんですけど、何分内向的で今まで書き込まずにいました。
アタシはとても中途半端な岩手ライフゆえ、chihoさんのようなライフスタイルは尊敬そのものです。
アタシもいつかは、アタシらしい何かをつくって生きていけるようになりたいと思っています。
ホントいつか「あーchihoさん!」っていえるようになりたいです。
フジタカヌーがタイマグラにあるなんてすごすぎ&もつたひなさすぎ!
来春はぜひ一緒に漕ぎましょう!!・・・なんつて


yakoさん>あらーーー。来てたんですか?
声かけてくださいよーーー。
あたしゃ、あんな大盛況とは思わずに時間ギリギリに押しかけ、
入場を断られたのに、ずうずうしくおばちゃん根性で通路の階段に腰掛けて見てましたよ。
タイマグラは、いろんな意味で限界集落の象徴のように思いました。
けど、実際にはあーゆーふうにメディアに載らない中で、あーゆー笑顔の人がまだまだたくさんいるんだよな〜ってことも感じました。お互い笑顔で岩手ライフを楽しみましょうね!

FUMIくん>ホントその節はサプライズをありがとう。
あんなところで声をかけてもらえるなんて、アタシもすごく嬉しかったです。
アタシん中ではFUMIくんの選択肢や実践してることってすごいな〜といつも思ってます。
また、ゆっくり話そうね!

夏油より種山のほうがいいけど・・・・・・・・・

posted by sada | 2006/11/15 12:15 AM |
来年も作る決心をされたようですね.
もしよろしければ,また微力ながら協力させていただきたいと思います.
では,また!
posted by experimental | 2006/11/16 1:53 PM |
experimentalさん?>なにとぞ来期もよろすくお願いいたしまする〜〜
posted by sada | 2006/11/16 11:59 PM |
こんにちは!
上映会から半月が過ぎてしまいました。
いつもそうだけど11、12月って
怒号のようにです。(涙)
すぐに書き込みしようと思いつつ
じっくりと発酵させてしまいました。
発酵もの大好きです。
(スローライフって!?)
そしてあれれchiho!こんなところで。
フジタカヌーはちなみに私の母の妹の連れ合いの(長いな・・・)
兄のカヌー屋です。これまた不思議つながり。
がらりと冬景色になり
道もガリガリのツルツルです。
しばらく岩手道は厳しいけれど
お互い気をつけて楽しい冬を!!
暖かくなったらお会いできるかな?
posted by yama | 2006/12/03 11:08 AM |
yamaさん>わざわざコメントありがとうです!
・・・って、発酵返し!!笑
フジタカヌーの不思議つながりにもびくりつです。

映画のあとのトークショー、心温まるものがあって、とても楽しいひとときでした。

温かくなったら、ぜひ遊びにいきます。
冬道&雪かき、味噌づくりと、いろいろ冬もお忙しいでしょうけど、お体気をつけてお過ごしくださいね。

かくいうアタシも、ブログもほったらかしで短期間に南下と北上を繰り返してたら、すっかり風邪ひきクンです。
無理はいかんのーう。
posted by sada | 2006/12/11 10:57 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sadaiwate.jugem.jp/trackback/60
<< NEW | TOP | OLD>>