続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
まつりの後・・・アート@つちざわ終わる 00:15
開かれていたシャッターが閉じた。。。つーか元々閉じてたわけだけど。
にぎわっていた商店街が静かになった。。。。つーか元々静かだったわけだけど。

5日が、1ヶ月開催したアート@つちざわ<土澤>の最終日。
あんなに何ヶ月もかけて準備してきたものが、あまりにもあっという間に撤収されていくので、なんだか切ない。
・・・つーか自分も撤収したわけだけど。

まだ片付けられていない作品やギャラリーフラッグを見つけるとホッとしたりして、
ちょっとだけ、どうかなくならないでほしいな〜・・・なんて祈ったりする。

名残惜しさに館山公園に登ると、眞板雅文さんの作品がまだ残されてた。
作品といっても、作品っていわれなきゃわからないような作品。
作品を紹介する黄色い掲示板に本人直筆なのかわからないけど、手書きで
こう付け加えてあった。
「コンクリートの足跡が作品です」

土沢城跡を取り囲むように円形におかれた足跡。
触っていいのか悪いのか、よくわかんなかったけど、
一つ一つ足跡を重ねて踏みしめながら一周した。
ま、会期も終わったことだし・・・って言い訳んなってないけど。

土沢を見下ろす東屋には小野英治さんのインスタレーション。
・・・っつってもベンチの背中にカッティングシートで句が詠まれてるだけ。
そのカッティングシートの文字が一部剥げ落ちていて、
この1ヶ月間の激動を物語っているようだった。

感慨に浸りながら、萬美術館まで降りてくると
大隈秀雄さんが、美術館前の桜の木々の間においた自らの作品の撤収作業をしていた。
風を受けて自由自在に動く不思議な形のインスタレーションだ。
ゆるゆる奇妙な回転を続けながら、小高い丘から土沢のまちなみを1ヶ月間見下ろしていた。

ほんの何回か、しかも大勢が一緒の場所でしか顔を合わせたことがなく
直接一対一で会話したこともないから、多分大隈さんはアタシの名前も
どこのどいつかもわからないと思う。

けど、目があった途端、お互い
「寂しいね〜」
「寂しいですね〜。」と声をかけあった。

「片付けないでいいですよ」
「片付けたくないね〜。ゆっくりやろうと思って時間稼ぎしてんだ」
「あー、すごーーーーくゆっくりやっていいですよ」

なんか会話がそれ以上続かなくって、アタシは黙ってそこに立って撤収作業を見てた。
そしたら、大隅さんは桜の木の下で作業しながら、突然こう言った。

「桜の紅葉ってさ、すごいキレイなの知ってた?
 紅葉っていうとモミジとかイチョウってイメージだけど
 桜もすごいキレイなんだよ。
 でね、キレイなのを探して何枚か家に持って帰って、皿に置いとくんだ。
 そうするとね、なんか桜餅の匂いがしてくんの」


なんだかよくわかんないけど、すごく印象に残る言葉だった。

以来毎朝、通勤路の桜の木を見ては、大隈さんを思い出す。
キレイな葉っぱも探すけど、すでに赤から茶色へと変色してるのが
多くて、なかなか見つからない。 
 

桜の葉は、日一日と減っていく。


でも・・・
すべての葉を落として、真っ白い世界に包まれてしまっても
幹は、ただじっとそこにいて成長を続けてるんだよね。
目に見えないほど、ほんの少しずつだけど・・・
| アート@つちざわ<土澤> | comments(5) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 00:15
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








去年から気になりつつ行ってなかった「アート@つちざわ」に最終日の午後駆け込み入場?してきました。
駅周辺しか見れなかったけど想像以上におもしろかったです。
普通の店の片隅ならず,昔利用してたお店の利用もあったし,その場所にあった?馴染んだ?作品がまた興味深かったです。
散歩気分でまわってたらあっという間に2時間経ってました。
あちこちのブログなどでも目にしてましたが,まさに百聞は一見にしかずでした。思わずにこにこ?にやにや?すること多々ありましたよ。
どこかのお店で耳にした会話・・・運営上の問題を。
ボランティアで成り立っていること・入場料を取るべきではないかなど・・・運営上は一般客にはわからない苦労もたくさんあったようですね。でも続けれるなら続けて欲しいです。来年も開催したらぜひ足を運びたいと思っています。
いろいろご苦労様でした!!
posted by yako | 2006/11/08 11:29 PM |
yakoさん>いらしていただいたんですね。ありがとうございます。
ホント、ネット上での取り上げられ率も、去年に比べて格段にアップしていてビックリしてます。

今後のことについては、これからまた意見を熱く熱く戦わせて決まっていくんだろうと思います。
最近つくづく思うんですが、東和住民は議論好きかも。
自分も含めて・・・笑
ま、今の時代にあっては、そこがいいところなのかもしれないですね。

何はともあれ、今年も図録をつくる予定ですので、まずはソッチが優先になるのかな。楽しみにしててくださいね〜。
posted by sada | 2006/11/09 9:13 PM |
追伸:アート@オリジナルグッズの通信販売します!
コチラをチェックです!

http://hanamakitowa.jugem.jp/?eid=43
posted by sada | 2006/11/09 9:21 PM |
初めまして?じゃなくて、こんばんは〜。
アート@つちざわ非公式ホームページから巡り巡ってやって来ました。
終わってしまいましたね、寂しいですよ〜^^もう1週間も経ったんですね。ほんとうにご苦労様でした。
作品はアトリエに持って帰ってきてしまいました〜。続きを勝手にこっちでやっています〜^^:
桜の葉っぱは、落ちちゃったけど、冬芽が春の準備に入っていますよね。
次回は、どんな展開になるんでしょうね、また参加できるように冬芽のようにじっくりと準備しておかないと、ですね。
今回、遠くから参加したこともあって、いろんな意味で真剣勝負したかな、モト取らなくっちゃ〜^^ってカンジ・・・そのぶんとっても楽しかった。なんか、こみゅにけーしょん、できたかもしれません。ど〜も、ありがとうございました!!
アート@つちざわ<土澤>の良いところは、いろいろな人が、それぞれ立場で真剣勝負できてることだと思います。
桜の葉っぱは、湿気のある時にほんのり香りますョ^^

posted by yamasemi | 2006/11/13 8:36 PM |
yamasemiさん>こんばんわ!
わざわざこんなところにまでお越しいただき、ありがとうございます。
アタシは遊び半分&飲み会要員で、あんま苦労してないので、心苦しいんすけども、それでもたくさん未知の世界の方々とお話しできて楽しかったです。

ホームページ初めて見させていただきました。
懐かしい作品が見れて、アタシもちょこっと「続き」に浸らせていただいちゃいました!

土澤では白いものがチラつきはじめましたよ。
これから見えないところで、どんな冬芽が育っていくのか、楽しみですねっっ
posted by sada | 2006/11/13 9:35 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sadaiwate.jugem.jp/trackback/58
<< NEW | TOP | OLD>>