続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
さだ田んぼ改め内陸カヤックス田んぼの稲刈りです。 23:23
ってなわけで、いつまでも頭が知床だらけでいたわけではなくて、
その他もろもろハプニング相次ぎ、すっかり報告が遅くなりましたが、
さだ米改め内陸カヤックス米の稲刈りも無事終了いたしました〜!!

「コレって・・・ただの労働だよね」
「なんか洗脳されてる気がする・・・」
「オレ、子供んときじいちゃんに散々やらされたから稲運びだけはやりたくない」

などなど
「いや、自分で育てた米だからこそ感慨もひとしお!
 世界で一番おいしいお米ができるに違いないわよ〜!」

とかなんとかっていう言い訳だけでは、継続がかなり厳しくなりつつある
さだ田んぼではございますけれども、
やっぱりそこんとこは持つべきものは友達なわけでして、なんだかんだ言っても
ちゃーんと集まってくださり、稲刈りどころかハセをつくるところ・・・すなわち
「ハセってどーやってつくんの?」って段階から始まり、なんとも段取り悪く難関を極めた今年の稲刈りではありますが、皆々様のおかげで無事終了することができたわけでございます。

昨年にも増して放置プレー・・・って知床なんか行ってるからだよ!
って言われても何も言い訳できませんが、除草剤もまかず一つ一つ丁寧に手植えされ
ヒエくんたちがたいそう元気よく繁殖した田んぼでしたけれども、それにも負けずに実をつけた稲たち。

・・・あんたらエライ!アタシはこの米一粒一粒を頬ずりするほど
誉めてやりたいです。
これほどの試練によくぞがんばって、ここまで育ってくれたと!

野生の中にも強くたくましく、少数精鋭
噛めば噛むほど味が出る、小粒な中にもおいしさがギュッと詰め込まれた
そんなスバラシイ「内陸カヤックス米」、育て主たちにそっくりです。

というわけで、この世に二つとない内陸カヤックス米(品種ひとめぼれ)
ぜひ食してみたいという方は、どうぞご遠慮なくご連絡ください。
「内陸カヤックス米希望」というタイトルでsada4934あっとまーくやふーco.jpです。
なお、現在自然乾燥中です。脱穀は11月上旬の予定ですので発送はその後になります。
ご了承くださいませ〜

内陸カヤックス米ができるまではコチラをご覧ください!
種まき
田植え
草取り
hase

はい、まずはハセをつくらなくっちゃね。
指導者多数・・・・結わえ方や組み方がいろいろあるらしく、
あーでもねこーでもね。。。。


karitorimae

えーと・・・ヒエを育てたわけじゃなくって米を育ててたんです。
いちお念のため。
これだけヒエだらけでもうまい米ができるのは、やっぱり東和の土のエネルギーのおかげだと、つくづく思います。


hirumesi

あれ?もう昼かよ。



imonokojiru
ほら、さだ特製芋の子汁だよ。食べれ、食べれ〜
北上の二子芋だよ。おいじーね!
午後の部もがんばろうね!


karitori
バインダー裁きもなかなか板についてきました。


inehakobi

いや運び係もけっこうタイヘンだから!



mohikan

ザ★田んぼモヒカン!
不必要な写真かとも思いましたが、個人的にはこのモヒカンの一瞬というのが
なんだか、とてつもなく気に入ってます。

そして・・・


karitorisyuryou

やったー!!終わったどーーーー!!!!!



hasegake

いや。まだ、これからだから・・・。



gaoresada

む、無言・・・
2:8に稲束を分けて交互にかけるのがハセ掛けのコツ。



owari

やったー!!今度こそホントーに終わったどーーーー!!!!
あれ?ハセあまった・・・・


gudaguda

おいしい内陸カヤックス米が食べられますように!
あとはオテント様、よろしくです〜!
がおれすぎて集合写真撮るの忘れました。。。これで勘弁。



次は、いよいよ脱穀まつりです!
(メニューはカレーでいいかしら?)
| 田んぼ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 23:23
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sadaiwate.jugem.jp/trackback/53
<< NEW | TOP | OLD>>