続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
六ヶ所村核再処理工場・試運転反対 のお願い 19:19
突然ですが、三陸の海が危機にさらされています。
皆様にご協力のお願いです!

日本原燃が、今週末(31日)から青森県六ヶ所村核再処理工場でアクティブ試験を開始すると言っています。
今日、青森県と日本原燃との間で安全協定が締結されてしまいました。

http://www.iwate-np.co.jp/news/y2006/m03/d29/NippoNews_9.html

ワタシのカヤック仲間で、いつもおいしいものをゴチソウになってる山田町の漁師さんからいただいたメールです。

  
  若芽、喜んでもらえてなによりでした。
  やっぱ 旬のものを旬に食べる、これがうまいんだよね。

  ところで、今日は漕げたのかな?
  俺も行きたかったけど、原燃の説明会があったので残念でした。 

  我々が牡蠣の殻を海に流すと、不法投棄になるのに,原燃が海中に垂れ流す放射性毒物は何故に不法投棄にならないんだろうか

  旬の若芽を食べられない時代が来るのだろうか?

  我々生産者の一番心配なことは、風評被害により、生産物が売れなくなることです。
  だから、この問題を大きく取り上げることは、生産物が売れなくなる危険性もあります。

  だけど 生産者としては、より安全な生産物を消費者に届けることが義務だと思います。

  生産者、消費者それぞれの立場で、この問題を考え、アクションを起こしていくことは大切なことだと思います。

  大好きな三陸の未来のためにも。



今回の安全協定を認めると、放射性物質を含む廃液の海への垂れ流しが始まります。
我らが三陸の海が、半永久的&人為的に的確な説明も実証もないまま、取り返しのつかない汚染に染まっていくかもしれないという筋書きです。

国、青森県、そして日本原燃は、反対を承知で押し切る作戦といったふうで、今月に入って岩手県と沿岸15市町村が県民への説明会の開催を求めたところ、やっと昨日宮古と久慈で開催されましたが、その通知も前日でおまけに人数制限あり、質疑応答も、ものすごく一方的なものでした。
原燃によれば、岩手での説明はこれでオワリ。
責務は果たしたぞといわんばかりの、翌日・・・つまり本日の安全協定締結です。
反対の声が高まるまえに、まんまと封じ込めたんじゃないの?と感じずにはいられません。


これだけ環境問題が騒がれる世の中、これが三陸の海だけの問題でしょうか?
プルトニウム廃液が青森で放出された場合、親潮に乗って汚物はどんどん南下します。岩手最北の種市に到達するのは2-4日後、そしてその後はどこへ?

ワタシもまだまだ勉強不足ですが、今のところ廃液を海へ流した場合の環境への影響について具体的な検証がなされているという説明は見受けられません。
ただ「海水は膨大にあるし、薄められるから大大丈夫」なんだそうです。
海の生物たちが酸素を作り出し、陸上の生物を支えてることを知らないのでしょうか。
三陸のツブ貝に最近雌雄両性を持った奇形が現れ、生物学者が
「(地球は)もう手遅れだ」と言っているのを知らないのでしょうか。

原子力発電の進むヨーロッパでは、発電所近辺に居住する子供たちの白血病発病率が著しく高いそうです。(検索しすぎて、どこの国だかわかんなくなっちゃいました)原因は究明できてません。

現在、日本で原子力による発電供給率は20%。
日本にとって自給できないエネルギー資源の問題は深刻です。
でも、例えばウィンドファームだってがんばってるし、今それをやらなくてもいいはず!ほかの方法を模索する時間は、まだあるはずです。

とにかく!
この協定締結は、第2の耐震偽造だし、第2のアスベストだし、第2のBSE問題みたい!
つまり、国民がようわからんのをいいことに、事後対策も実証検分も説明もしっかりしてないまま勝手に一部が推し進めてる悪の根源なのだーーー!

青森&岩手の農業、漁業を汚染から守らなければ、わけのわからん放射性物質を含んでるかもしれない農産物、海産物がどんどん日本全国に飛んでいき、皆さんの口に入るかもしれないんですよ。やれやれ。

皆さん、間に合わないかもしれませんが、ぜひこちらのページから青森県知事へ反対の嘆願書をお願いします。
http://www.jca.apc.org/mihama/reprocess/mail.htm

といっても青森県知事は洗脳されちゃってるから、岩手を動かさなきゃですね。
大体、ワタシも勉強不足で、どれが真実の情報だか混乱してるけど、いずれにしても、あの説明会のやり方はどうしたって不服!
岩手県民に対して説明したとは到底言いがたいと思います。
岩手県議会はこんなやり取りをして、三陸全部の環境をちゃんと調査せよって青森と原燃に申し入れる採決をして、岩手県知事はこんな結論を出してたの知ってましたか?
記者会見はこんなかんぢ
ま、漠然&抽象的な発言だけど、青森県と日本原燃は岩手県側の要求を満たしていないことを申し立てることができるかもしれないわけです。

この問題は奥深くワタクシとて勉強不足丸出しで今だってエネルギー消費しながら書いてるわけだけど、少なくとも今は岩手県民の理解を広めて、岩手の声を大きくすることが必要なように思います。


というわけで岩手県知事にメールを出しましょう。
https://www.pref.iwate.jp/~hp0101/index.html

作文例は例えばこんなかんぢかな。
「拝啓 岩手県知事 増田寛也様
 このたびの青森県六ヶ所村核再処理工場アクティブ試験に関する安全協定の説明会は、まったくもって不十分であり、三陸沿岸の住民はもちろんのこと岩手県民への周知・理解が得られたとは到底言い切れません。よって、試運転の中止または延期を本県として青森県と事業者へ申し立てることを要望いたします。」

とにかく最悪の事態を食い止めるために、ご協力お願いいたします。
また、お友達などにも紹介したりしていただけるとありがたいです。

また新しい情報などありましたら、じゃんじゃんコメント書き込みください!
ワタシも随時勉強&更新していきます。

関連サイト
必見!美浜の会
三陸の汚染に関するチラシ(PDF)      
被爆する三陸の海 
三陸の海を放射能汚染から守ろう 
再処理・プルサーマルをめぐる動き 
SENZA FINE    
辺境漁師のlogbook
プルサーマルの危険性を警告する
グリーン・アクション
ひっかかり(PSE改正署名を集めた坂本龍一さんのブログ)
岩手県広聴広報課メールマガジン

こちらは、原子力発電の安全性とやらを訴えるページ
二酸化炭素を排出しない環境にやさしい発電だと主張してますが、
核廃棄物は・・・どうなんでしょうか。

日本原燃料株式会社
東京電力の核廃棄物についての説明
原子力問題
内閣府原子力委員会

//////////////////////////////////////////////////////////////
3.29-30にかけて個人的に電話及びメールで調査したものを掲載します。

今のところの感想は、その良し悪しはともかく、やっぱり岩手県内の認識はかなり浅いんじゃないかなということです。
宮古市長が抗議したとおり、昨年10月の岩手県議会で全会一致で採決された県民へのジュウブンな説明を青森&原燃に求めるという請願が果たされていないという点については、抗議に値するのじゃないかな〜と思います。
そして、これが果たして本当に正しいことなのかどうかを、みんなで勉強して考えて答えを出していく時間が必要なように思いました。
今さらジローかもしれませんが。

《宮古市》
29日協定締結後、宮古市長と宮古市議会議長は「岩手県の多くの住民に広く説明がなされるまで、安全協定締結はもちろん、再処理工場の試運転は実施すべきではない」との抗議文を青森県知事&原燃社長に送った。
宮古市市民生活部環境課より→抗議文はあまりに急なことだったので、沿岸市町村の連名ではなく市単独で行った。
→(さだ)一岩手県民としては、沿岸市町村の首長や内陸部の市町村へも呼びかけるよう提案したいが→それはうちの課で判断できないので宮古市のHPから市長宛にメールしてほしい。→メールしてみた。
宮古市長の部屋 
現在のところ回答なし。
宮古市のHPに何も掲載されてないのが残念。

《山田町住民生活課》
 今のところ山田町としての動きはないし、沿岸市町村で連携した取り組みも特にない。詳しいことは宮古市に聞いてほしい。
28日の説明会については、当初青森県と原燃は岩手県での説明会は開催しないという見解であったが、24日に岩手県環境保全課から説明会をやるというFAXが入る。
25日→同環境保全課から会場は久慈・宮古の2会場で実施とのFAX
26日16:20頃→正式な案内のFAXが入り、山田町からは山田町長、議長、議員、漁業関係者らのみに声をかけて宮古会場へ出向く。質問は議員2名。安全確保の保障についてと住民への十分な説明がないというのが主な論点であった。

《岩手県漁連》
抗議文は出したが、その後座り込みなどに行く予定は特にない。

《岩手県議会事務局》
議会として抗議する予定は今のところない。
ワタクシの要望(県民への説明不足&環境への安全評価基準があいまいなのではないかという点で青森県&原燃に抗議すべきじゃないか)は、口頭受付で処理されるっぽい。
岩手県議会議員の紹介があれば、たとえ一人(私?)でも「請願」という形で受理できる。

《岩手県議会議員さん》(抜粋)
・県民への説明不足&安全の観点では議論の対象となりうる。
・10月議会で青森県&原燃に岩手県民が理解・納得できるような説明をしてほしいという請願が全会一致で採決されたのに、この結果となった。
これからも引き続き、岩手県民にきちんとした説明や対応を行うよう、県や国に働きかけていきたい。
・現段階で意見の公表は差し控えたい

岩手県議会議員さんに皆さんも聞いてみてはいかがでしょうか。
議員さんはみんなの声を反映させてくれる人のはずです。
判断がつかない場合(私もそうですが)、この件はどうなってるんですかー?教えてください。あなたの意見を聞かせてくださいってだけでもかまわないと思います。実際私もそうやって、3名の方から回答をいただきました。
それが岩手の行動になっていくかも。
いっぱい質問メールがいけば議員さんも「あれ?」って思うかもしれないからね。わかんないけど。

岩手県議会議員名簿
| 三陸を救え | comments(16) | trackbacks(10) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 19:19
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








原子力発電の進むヨーロッパでは、発電所近辺に居住する子供たちの白血病発病率が著しく高いそうです。(検索しすぎて、どこの国だかわかんなくなっちゃいました)原因は究明できてません

イギリスの再処理工場のあるセラフィールド周辺のことです。

昨日の説明会では、万が一の場合の我々漁業者への保証はどうするのかという質問がでたが、回答はありませんでした。

でもこれはお金で解決できる問題だと思います。

一番やっかいなことは、地球に対しての保証です。
お金では解決できないんだよね。
漁師のトシユキ



posted by 漁師のトシユキ | 2006/03/29 9:37 PM |
そーだそーだ!

お金より、うまいカキのほうが大事なんじゃーーー
放射能まみれの海なんか漕げるかっちゅうねん!


トシユキさん>アップ遅くなってすんません
posted by さだ | 2006/03/29 10:05 PM |
始めまして、こんばんは。
トラックバックとリンクありがとうございます。
再処理は、かなり厄介な問題ですが、頑張っていきましょう。
ストップ!再処理。
posted by mako | 2006/03/29 10:09 PM |
こういった環境運動について、まったくの素人であります。

三陸が危機にさらされてる事を、ここ最近の岩手日報でようやく知ったバカモノです。

今後もさださんの問題提起を自分なりに考え、自分が出来る事を考えていきたいと思います。
posted by 新米百姓@エサス | 2006/03/29 10:48 PM |
makoさん>勉強不足で申し訳ないです。取り急ぎ紹介させてもらっちゃいましたが、これからもっと勉強してまいりますね。

新米百姓さん>ワタシもこれから勉強です。
岩手のみんなに知ってもらいたいし勉強せにゃならんのではないかと思ってアップしてみました。
posted by sada | 2006/03/30 1:45 AM |
こんにちは。
最近私事が忙しくて、ニュースを聞いていても聞き流していました。
急を要するので、コピペしてこっちのブログにも貼らせていただきます。
posted by ろくすけ | 2006/03/30 12:37 PM |
こんにちわ。
またしても、取り返しのつかない問題がわきおこっていますね。

頼む側と受け入れる側。
双方問題があり、その電気を使用する人たちも
遠縁に手助けしていることに、気づかないといけませんねー

近所にいながら仕事で参加できないのですが、
自分にできること、やっていこうと思っています。

7世代後に、この美しい地球が無事に渡せることを、
現在生きている自分たちの責任として。。
posted by バリトン | 2006/03/30 6:00 PM |
おばんです。昨日メールをいただきまして、遅ればせながら、私のブログにも記事をアップし、リンクを張らせていただきました。

皆さんと視点はちと違うかもしれません。なかなか当を得た文章を書くのは難しいものです。
また、私も勉強中ですので、いろいろご意見いただければ幸いです。
posted by やまたろう | 2006/03/30 10:15 PM |
こんばんは、初めまして。盛岡に住む者です。
六ヶ所村の話題と知って、Holzさんのブログからやってきました。
自分は去年、新聞の片隅に小さく載っていた記事でこの問題を知りました。
自分もあまり詳しい訳ではありませんが、どうしても無視する事ができず
署名や青森県庁への抗議、自分が管理しているHPでの紹介など小さな事ばかりですがやってきました。
試験自体は何度か延期された様ですが、明日から始まる海洋投棄はもう止められそうもありません。

県内でもあまりニュースにもならないし、今月に入って正直言ってもう駄目かなと思っていましたが
今こうして少しずつ認知が進んでいることで、やはり今からでも声をあげる必要があるのではないかと考えています。

これから、こちらのブログにもお邪魔させて頂きます。
何か出来る事を探していきたいです。
長々と乱文で失礼致しました。
posted by タカハシ | 2006/03/30 10:45 PM |
ろくすけさん>転載ありがとございました。
バリトンさん>ごぶさたです。ホント自分に何ができるかったら、よくわからないところが困ったもんなんですよね。
今日もワタクシ電力無駄遣いしてるわけですし。
やまたろうさん>ありがとうございます。ホント難しいですね、コレ。でも、今まで知らなかった人の意識啓発は、どんどんしていかなきゃいけないことだけは確かかなと思います。
タカハシさん>初めまして&コメントありがとです。
今からでも・・・という声は十分アリでしょう。県議会議員さんの回答にもそーゆー意見がありました。
posted by さだ | 2006/03/31 12:04 AM |
おはつです、狂犬です。Holzさんのブログから流れてまいりました。
僕は青森県知事宛のメッセージを送りました。みんなの「声」が届いてくれると良いのですが…。
posted by 狂犬 | 2006/03/31 12:35 AM |
さださん、ほんとごぶさたです。って覚えていてくれてうれしいです。

ほんと毎日使う電気の問題ですが、必要だから汚染物質を撒き散らしていいわけはなく、それを地方に押し付けるのもよくないし。

もっともっと、電気を使用するみんなで考えなくてはいけませんねー  
自分もちょこちょこブログとかmixiに載っけていきます。
というわけで、転載しちゃってもいいですかー
あわせてトラバしちゃいますです。

花粉症に苦しみながらも、外遊びがやめられません。
いつまでもありますよう、この環境。
いつまでも、楽しく遊べますように。
できることから、やっていきましょう。
posted by バリトン | 2006/03/31 10:36 AM |
だ〜いじょ〜ぶで〜すよ〜!
 反原発派の主張に、『再処理工場は恒常的に放射性物質を撒き散らす』てのがありますが、これは間違い!

 東海村にも再処理工場があったってこと、ご存知ですか?
そこからは所外に放射性物質を、一切もらしていませんから。

 ですから、心配後無用!
posted by さざなみ | 2006/03/31 12:44 PM |
さざなみさんへ
この場で議論するつもりはありませんが
日本原燃が開いた宮古の説明会に原燃が配布した「毎日を、たしかに。」という小冊子によると大気放出と海洋放出を行うと書いてありますよ。
手に入れて、ご覧になってはいかがですか。
posted by 漁師のトシユキ | 2006/03/31 10:14 PM |
狂犬さん>わざわざコメントありがとございます。
試運転は始まっちゃったけど、これからもみんなで勉強して
声を出していけるといいな〜と思います。
posted by さだ | 2006/04/01 4:25 AM |
さざなみさん>情報ありがとうございます。
東海村のこと知らなかったので、調べてみました。
次のブログを見て、また違うことがあったら教えてください。

トシユキさん>上に同じ
posted by さだ | 2006/04/01 4:27 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sadaiwate.jugem.jp/trackback/5
いつもご訪問ありがとうございます。 今日は皆様にひとつお願いがあります。 どうか六ケ所再処理工場の問題について一緒に考えていただけませんでしょうか。 そしてこれはマズイと思った方はぜひ立ち上がってください。 やれることは色々あります。 手始めにまずは周
| チームイワナのブログ作っちゃいました | 2006/03/30 3:09 AM |
先日TVにて「三陸沖でウニ漁解禁!」のニュースが。 もうそんな季節かー 冬は旨いものがいっぱーいあってプラス体重になるのが常で、それを夏までにもどさなくては・・・ と思ってる矢先にこれですよ[:豚:] 春になると、ウニはもちろんのこと 山菜もシーズンイン
| ワラウカド | 2006/03/30 10:23 AM |
海がとても好きなワシですが とりわけ三陸の海が大好きなのは常日頃書いてきましたが 今とても大変な事が青森県の六ヶ所村で執り行われようとしています。 核再処理工場試運転が4月から試運転(事実上は本格稼動されようとしています!) そうなると 大量の放射能が
| 流転by徒然なるままに〜〜〜 | 2006/03/30 5:27 PM |
こんばんは。 最初に、トラックバック、ありがとうございます。 びっくりしています。 暖かい応援ありがとうございます。 今日はちょっと違ったことを書きます。 「美浜の会」その他、反再処理工場のWebサイトの方々にも、日頃の更新活動に感謝しています。 いろいろ
| 辺境漁師のLOGBOOK | 2006/03/30 7:01 PM |
三陸の海に、そして我々の母なる海に、またしても危機がせまっています。 日本原燃が
| ON THE ROAD通信 | 2006/03/31 10:37 AM |
"今日から核燃再処理試運転 日本原燃" つべこべ言わずに、まずは【コチラ】 正直に打ち明けると、この問題について注目しだしたのは今週の新聞報道を見掛けてから・・・。 そして先日、花巻市(旧東和町)の"さだっちょん"さんのブログでの問題提起にぶち当たり
| イーハトーブの新米百姓。 | 2006/03/31 7:01 PM |
六ヶ所村核再処理工場・試運転反対 のお願い 皆さん!六ヶ所村、浜岡原発関係の署名頼む 最終的な試運転(アクティブ試験)を行っている日本原 最終的な試運転(アクティブ試験)を行っている日本原燃の六ケ所再処理工場・前処理建屋で、プルトニウムなど微量の放射性物
| www.kasuli.com | 2006/04/20 1:07 PM |
坂本龍一さんが伝える、青森県六ヶ所村の危機。 http://blog.sitesakamoto.com/ 青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場による、甚大な放射能汚染について。。。 なんと、この再処理工場からは通常の原発から出る放射能の一年分が、一日で 出るというのです。
| NANAELOG:マリンバ/ヴィブラフォン奏者 三村奈々恵 〜Official Blog〜 | 2006/05/14 3:22 PM |
山形国際ドキュメンタリー映画祭で鎌仲監督を山形映画祭の隠れた名所、香味庵の打ち上げで捕まえました!今回は青森、六ヶ所村の撮影・制作現場からの映画祭参加です。 お隣は「リトルバーズ──戦火のバグダッドから」の綿井健陽監督 「劣化ウラン弾」という言葉は
| 映画の窓 | 2006/05/19 3:41 AM |
昨日の夜、ブログでお世話になっている「さだっちょん」様から、「六ヶ所村核再処理工場・試運転反対 のお願い」への協力についてのお願いメールをいただきました。
| 農家のあとつぎの独り言 | 2006/06/14 8:34 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>