続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
姉吉その後。 23:18

またまた更新が遅れましてスビバセン。

姉吉を利用したことのある、全国のシーカヤッカーの皆さんが届けてくださった昔のきれいだったころの写真をアルバムにして、先日、届けてきました。





偶然にも、元姉吉キャンプ場駐車場付近で、地域の皆さんが共同作業中でした。

地域といっても、川代・石浜・千鶏・姉吉の4地区で、10月まで一緒に共同作業をしているのだそうです。
最高齢は85歳のおじいさんでした。
それにしても、姉吉キャンプ場駐車場のアスファルト、残ってたんですね!感激・・・・















トドガサキ灯台へのトレッキングコースも、皆さんが整備しなおしてくれてました。

嬉しい!今度いこ。




地盤沈下&何もなくなった、漁港&浜では、潜水士さんが潜って何やら作業中。
聞けば、津波で破壊されて入江のあちこちに沈んでる防波堤ブロックを、ダイナマイトを仕掛けて
発破する作戦なんだそうです。
潜水士さんは、その準備で、このときはダイナマイトを仕掛ける穴をあける作業をされていたということです。

共同作業中の皆さんに、三陸カヤックス応援隊から、休憩ドリンクを差し入れしてきました。

ホントは、こういう場面に遭遇するとは思わず、別な地区にと思って用意してたのですが、喜んでもらえたので良かったです。


オマケ。
姉吉に流れ着いたカヤック。
・・・と思ってたら、実は、トドガサキ灯台奥にある『秘密の入江』に流れ着いてたものを、姉吉に住んでいる中学生が発見して、陸路をはるばるひきづって持ってきたのだそうです。その距離4キロぐらいはあるでしょうか。

多分、このカヤックは、宮古あたりから流れてきたんじゃないかな〜と思えますけど・・・・どうなんでしょう。。。。



もう、名前が書かれていました。
この中学生が、時々乗って遊んでるみたいです。

それにしても、いい名前をつけてくれました。

希望の船ですね!










| 三陸カヤックス応援隊 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 23:18
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








ごぶさたっす
6年前になるんすが鯔ヶ崎に歩いて行ったので姉吉がどうなったか気になってました
更新ありがとうございます
posted by カドジュン@五島 | 2011/09/22 9:19 AM |
カドジュンさん、ご無沙汰でした!
6年前にいらしてたんですね!それはそれは遠路はるばる・・・

姉吉をおそった津波の破壊力は、すさまじいです。
posted by sada | 2011/09/30 11:13 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sadaiwate.jugem.jp/trackback/217
<< NEW | TOP | OLD>>