続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
県北の元気♪ 22:39
 自分の生息地からは、かなり遠いのですが、県北沿岸も見に行ってきました。

なんと、リアスハーバー宮古沖にヨットが!
高校生の練習でしょうか。
沖に見えるは重茂半島です。

リアスハーバー宮古では、シーカヤックマラソンを10月に再開させようとがんばっている模様です。
 

普代村では、ビーチバレーボール大会をやる模様です。














久慈市は、まるで別世界のようにとっても元気です。

まちもにぎやかですし、小袖海岸では、北限の海女さんたちも頑張っていました。
北限の海女フェスティバルも、規模を縮小して開催予定とのこと。
チラシはコチラ
なんと明日31日開催!カヤック体験もあるそうです♪
すばらしい!



県内で唯一海開きをした、侍浜の海水プールです。
初めて来ましたが、海際のロックガーデンに、自然の岩の形をうまく活かし、海水を常時流し入れてプールにしています。とっても気持ち良いロケーションです。
このプールも津波をかぶりましたが、地域の皆さんで泥出しをしたり、プールの底に新しい砂利を敷き詰めたりして、なんとかキレイに復元したとのこと。
県内の浜は、ガラスや細かなゴミがあるため、海開きできないのが現状ですが、ここなら安心です!水着を持ってくればよかったーーー!!


というのは、半分冗談で・・・実は、水がとっても冷たかった・・・(汗)
海開きしたはいいが、雨やヤマセなど、天候に恵まれず、未だお客さん少ないみたいです。
そんでも、この監視員のおじちゃんは、毎日来て、水を入れ替え、監視を続けています。
せっかくキレイにしたので、みんなに遊びに来てほしいそうです。
この上に、シャワー棟やキャンプ場も完備しています。
高度があるので安全です。


侍浜の漁港も、小さいながらも残った舟で、なんとか復活しようと頑張っています。

堤防やスロープが原型をとどめている光景を久々に見ました。。。。

今朝は、ウニの口が開いたそうです!
ウニも津波で流れてしまって、少ないそうですが
口が開いたと聞けば、GETしないわけにはいきません。


久しぶりに、いっただっきま〜〜す!!

県北の元気が、どんどん南下してきますよ〜〜に!



ぐびっ

| - | comments(5) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 22:39
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








お久しぶり〜。元気に頑張ってるみたいで安心しました。先日、仕事で大槌町に行ってきました。こちらの方が励まされてしまって。今月末、盛岡に仕事で行く予定なので、また連絡しますね!
posted by さいた | 2011/08/02 2:16 PM |
まぁ、さいたさーん。お久しぶりすぎ〜〜!
まさか、いつもの調子でピンヒールカツカツさせながら行ったとか?
それだけで、周りの皆様かなり元気になっちゃいそうだけど…(笑)
でもテレビで見る状況とは、だいぶ印象が違ったんじゃないかな?
みなさん、本当によくやっていると思います。

とにかく、さいたさん岩手に来るだけで相当明るくなりそう。ってゆーかー…私に笑いをくれ〜〜!
…といっても、貴女の姿を思い浮かべただけで、すでに十分笑った今宵であった。(ゴメン。言い過ぎ)
そんなわけで、またのご来岩心よりお待ちしてまぁす♪
posted by sada | 2011/08/04 12:41 AM |
ご無沙汰です。
県北まわったんですね。ついでに八戸まで来てくれれば。
最近、草山さんと一緒に仕事させてもらっています。
自分なりのできることをすすめていきたいと思います。
posted by リバラン | 2011/08/13 2:39 AM |
リバランさん>草山さん、お元気そうで何よりです。
ありがとうございます。
また、遊びに行きたいです。
posted by sada | 2011/08/18 10:34 PM |
2011三陸シーカヤックマラソンin宮古〜ともに復興〜
http://outdoor.geocities.jp/skm385/

posted by つかちゃんマン | 2011/09/08 2:34 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sadaiwate.jugem.jp/trackback/212
<< NEW | TOP | OLD>>