続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
大沢にて 00:10
 カヤックでよく遊びに行ってた「山田の牡蠣くん」でおなじみ
佐々木俊之さんことトシちゃんの地元・山田町大沢に行ってきました。


2009年春の写真。
トシチャンが、新しいイカダをつくっていました。



こんな日が来るとはつゆ知らず、ノーテンキな日々でした。

トシチャン、若いな〜〜!・・・ってアタシもか。

このイカダは、どうなっちゃったのでしょうか・・・わかりません。

現在、大沢では漁師さんたちが、漁業再開を目指して日々80〜100人ほどで共同作業中であり、
缶コーヒーなどの差し入れがあると助かるということだったので・・・・
 

応援隊基金で、缶コーヒー各種&クーラーボックス&保冷剤を「大人買い」させてもらいました。

缶コーヒーだけじゃ飽きるかと思い、東和町のリンゴジュースも買いました。










トシチャンに紹介してもらって、大沢養殖連合会・副会長の大川さんにお届けしました。

大川さんも、ご自宅は流されてしまって、空き家に仮住まい中です。
津波当時、大川さんは舟を出したので、奥様は無事戻ってくるまで気が気でなかったそうです。
ほかに寝たきりのお母様がいらっしゃり、危機一髪の救出だったとか。津波で壊れてしまった家に、奥様が探しに戻って発見し、偶然近くにいたトシチャンに助けを求め、偶然そばにあった物干しざおと、何名かの仲間の上着で担架をつくって運んだのだそうです。



共同作業の成果でしょうか。
回収したイカダの残骸や養殖用ロープが、分類されて山済みになっています。
この暑さの中、ハエや臭いもキツク・・・・先の見えない中、日々ホントに大変な作業と思います。

でも、大沢のドックには、舟がけっこうたくさん係留されています。
地盤沈下の激しいよその漁港に比べると、少しマシなほうなせいか、よその漁港の舟もけっこうありました。

秩序があまりなく並んでる様子ですが、そんでも舟が海に浮かんでいる光景はほっとします。

少なくとも、陸にあがっているよりは・・・。




ダイジョブだったイカダも、少しずつ並べ始めています。

とはいえ、下のロープが無事なのと無事でないのとあり、今はとにかく並べてるだけとのことで、所有の問題など、まだまだすぐ再開というわけにはいかないようです。

漁師さんたちも、舟がある人とない人など事情が様々ですし、この先どのようにしてったらよいのか、ご自身の暮らしもまだまだ落ち着かない中で、みんなのまとめ役になってる大川さんは、頭を抱えているようでした。



それでも・・・・秩序よく並んだイカダの風景は、見ていて、ただただほっとします。
やっぱり、イカダあっての山田湾だと改めて思いました。

不謹慎と思いつつも、思わず「また山田湾漕ぎたいです。」とゆってしまいました。

また何か微力でもお手伝いできることがあればいいなと思います。
| 三陸カヤックス応援隊 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 00:10
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








僕も先日山田の湾に筏が浮かんでるのをみて、少しホッとしました。
漁業再開の次は観光産業の復興だと思います、早く海に出られるといいね。
posted by Katsu@Kumano | 2011/07/12 8:28 AM |
さだちぃよぉん、ありがとね。。。
みんなが元気になってくれることを祈るばかりです。
posted by ゆきえ | 2011/07/12 3:20 PM |
笑顔で行こうね ! いつものように でぇ〜すっ。
あっちいって そっちいって いつものウロウロさだ様へ 
posted by BORA | 2011/07/12 8:07 PM |
KATSUさん>先日は、遠路はるばるボランティア活動お疲れ様でした&ホントにありがとうございました。

ゆきえさん>ホントだね。すでに見たかもしれないけど、織笠も少しイカダが並んでたように見えましたよ。

BORAさま>いつも、へんてこりんなメッセージに元気づけられております。ありがとうございます。笑
posted by sada | 2011/08/03 11:08 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sadaiwate.jugem.jp/trackback/208
<< NEW | TOP | OLD>>