続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
4月をふりかえる。 23:08
ぎゃー!
なんでこのブログ、まだ冬なのーーーーーーーーーーーー

sakura2

世間は春だよーーー。
んなこと、わかってるよーーーーーーーー。
ブログ面倒くさいよーーーーーーーーーーー。

へば、一気にこれまでを振り返ってみる。

hayathine

実は、4月より我が崇拝する信仰の山のふもとに異動となりまして・・・・


kobusi

見事なコブシやら残雪の早池峰やらの撮影ポイント探しで・・・じゃなかった、新しいお仕事で、まったく忙しいったら、ありゃしない。


naedoko1
そんな中、ひじょうに盛り上がった6らぷサミットのプログラムも着々と進み、
まずは映画・六ケ所村ラプソディー出演者である苫米地さんちで苗床づくりのお手伝い
その名も「みんなでできるキャンペーン【みなCANZ】」
・・・ってオラは、ほんとは自分の田圃の準備をせねばなんなだけど・・・

でも今年は、職場が変わってマイ田圃の運営が非常に難しそうな局面だったので、ま、いっか。


naedoko2
並べた苗床約1000枚。ズバリ筋肉痛&鼻の中まで真っ黒であーる。これを全部無農薬でやるなんて、気が遠くなりますです、ハイ。
でも、みんなの力を借りながら、おいしいお米が採れるといいですね!

みなCANZでは、このほか定額給付金からの寄付を中心とした「stop再処理基金」や、放射能汚染を気にかける全国のみんなが気軽につけられるシンボルマークの募集も始まっています。ぜひぜひチェキラお願いします。
バラバラだった個性が集まると、すごい機動力を発揮できるもんです。びくりつ。



chikyubo1
えーっと、これは・・・?
ちょっと雪が多く見えちゃったアナタ、ずばり正解です。
なぜか北海道にまで足をのばしたりしてました。

え?なにしにって?そりゃ、あなた・・・・地球防衛軍結成のためです。・・・いや、大真面目です。

パタゴニア・ツール会議で、ワタクシめにファシリテーションとやらを教えてくださった恩師からのお誘いです。


chikyubo2
こんなかんぢで、防衛軍は結成されました。
ただ、ひたすら2泊3日、どこへ行くでもなく、ほぼ初対面の方々と対話をしまくる対話合宿。大真面目な対話が深夜にまで及んだわけで・・・
自分の弱みをさらけ出し、違う個性を認めあうことって、ホントに大切なんですね。
ついついメールなど、便利ツールに頼ってしまいがちな今、これほど真剣に他人と向き合い、語り合う機会って、なかなかないような気がします。
そして、そんな対話の積み重ねこそが世界平和への道だと、今回身をもって再認識したわけであります。・・・大袈裟だけど、本気です。影響されやすいの、ワタクシ。うふ。



chikyubo3
合宿が終わっても、果てしなく続く我らの対話を、小樽某店のボブ・ディランが静かに見守っていました。

いや〜・・・しっかし、よく笑い、よく泣き、よく聴き、よく語ったもんだ。
第2回ちきゅぼーは、ぜひ岩手でやりたいな〜。。。。
などと、自分の首をしめそうな新たな野望がムクムクと・・・やれやれ。


uni9
がしかし、こんなことばっかやってると疲れるっちゅうのも正直なところ。

そんなときには、やっぱり我が愛する三陸が一番!
んまいもんをたらふく食べて癒されましょう。


senjojiki1
早春の漕げなそうな日は、陸からの偵察に限ります。

我がお気に入りスポット(←多すぎ)観光地になりそうで絶対ならない御箱崎半島千畳敷。
ダートのくねくね林道約20分+徒歩約1時間のマニアック度。それがWELOVE三陸!

それにしても池が前より大きいような気が・・・
(*参考写真はこちら)


senjojiki2

ドッカーーーン!!


senjojiki3
ガッシャーーーーーン!

ひょ、ひょえええええええええええええええ

やっべぇ。カッコよすぎ・・・ち、ち、近寄りてぇぇぇぇぇ。。。。。

揺れるオトメゴコロ。



senjojiki5

わおーーーーーー


senjojiki4

がおーーーーーーーーーーー


senjojiki6

波が走るとは、まさにこのこと。
カッコよすぎ&マゾな血騒ぎすぎ。

・・・いや、漕がないけど。絶対。
 


yamadawan9

山田湾を一望できる稀少ポイントにもご案内いただきました。
なかなか全貌を眺められない複雑に入り組んだリアスの海だけに自分の漕いできた海を、こんなふうに眺められるっつつのは、ホントなんともいえず、こみ上げてくるものがあります。
三陸カヤッキングの醍醐味かもしれませんね。

ってことで・・・・


yona
ありがとーーーーーーーー&
愛してるよーーーーーーーー SANRIKU!!

今年もよろしくなーーーーーーーーー!!!!






と、どうにもこうにもマゾっぽいコーフン状態に陥ってきたところでオワリ。
| 岩手の風景 | comments(5) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 23:08
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








次回の更新時は・・・
吹き荒れる波に乗り・・・カヤックで海から池へのダイブかな?
posted by fuji−sin | 2009/04/29 7:09 PM |
次回更新は、5月GWのアート&クラフト フリーマーケットでお願いしますね(地元からの業務命令)

今日は、さだ職場地区の春ちん家に、天然記念物かもしか登場で、春からパニクって携帯に電話かかってきたぜ。う〜ん、初夏の話題だね〜
posted by maki | 2009/04/29 7:36 PM |
三陸えーなー!今年は船越案内しておくれ。
posted by ko-1 | 2009/05/13 12:25 PM |
きれいな写真ですね〜!!
東北はやっぱいいですね。
posted by Sugi | 2009/06/05 4:05 AM |
fuji-sinさん>山からダイブしそうでした。

makiちん>ごめん。業務命令賞味期限切れです。
通勤途中にタヌキ3匹見たりします。今は春先にカップルだったカルガモがファミリーになりました。

Ko-1さん>だすな。船越漕いだのにアップしてないや。ごめん。
今週末は無理ですが、また遊びましょう。

Sugiさん>岩手いいですよ。また遊びに来てくださいね。
posted by sada | 2009/06/13 2:43 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sadaiwate.jugem.jp/trackback/169
<< NEW | TOP | OLD>>