続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
お師匠様の夏休み◆ 舛靴△錣擦魯侫淵灰靴砲△蝓〜  00:35
いやはや、先日はフナコシ・フナコシと騒いでおきながら、雑談ばかりで
写真のアップまで至らず、たいへん失礼いたしました。
・・・でも、アタシにしてはマメな更新でしょ?・・・だから許して。

つーかですね・・・・お師匠様は、案外カメラ小僧でした。

ぶっちゃけワタクシ、フナコシをシングル艇で行くのに、
一眼レフを持ち込んだ人を見るのは、初めてです。
お師匠様は、フナコシのために、なななななんと15mmの広角レンズを装着。
レンズが重くて、相当おっかねかったらしいです。
つーか、見ているコッチがおっかねっつーの!

でも、おかげで、今までなかなかアングルに入りきらず、お伝えできなかった
フナコシのフナコシっぽさが、少しは伝えられそうです。

お師匠様より、写真の掲載許可をいただきましたので、
スーパースペシャル★ザ・キング・オブ・フナコシ・・・(修飾語長っ)の一部を
ご覧いただくことといたしましょう。

ちなみに・・・誠に僭越ながら、
アタシのほうも、長年愛用していた防水デジカメが、この夏ついに壊れ、
やや広角のものに更新しましたので、多少織り交ぜてみますね。
だって、どーせみんな、アタシよりお師匠様の雄姿のほうが見たいでしょうから。

そんなわけで、とっても調子に乗って写真をいっぱい載せちゃったから「続きを読む」ときは、覚悟するように。せっかくなので、いつもより大きめにしてます。

おヒマな方は、今までさだブロに載せてきたフナコシ写真・・・こんなとここんなとことぜひ比較してみてください。カメラの違いが歴然なのがわかってもらえると思います。

へば、心して・・・・WE LOVE フナコシ・ショーどーぞ!!
yosifuna1
いざ出陣!
・・・って、いきなり被写体と化す、なんちゃってガイド役の
T中さんとアタシ。

今回は、西風が吹く可能性が考えられたので、いつもと反対周りにしてみました。
・・・景色が全然違って見えてびくりつ。


yosifuna2
いきなり撮影モード突入のお師匠様。
つーか、早くね?
我らにとって、ここはまだフナコシではないんですが・・・・

ちなみにお師匠様の艇は、パドルコースト2007NEWモデル・NAGI(ナギ)のスケグ付です。
ショアラインより一回り大きめなので男性向きかも。
お師匠様は、写真撮影目的でコレに乗ってます。撮影中、スケグをいっぱいに出しておくと艇が曲がっていかないため。


yosifuna3
さっそうと山田湾沖を目指すT中氏。

お師匠様からフェーゴをお借りできて意気揚々です。
ショアラインとナギの間ぐらい・・・っつーかショアラインをほんのちょっとだけ大きくしたようなかんぢです。

これも、とっても早くて、よい艇と思います!
ハニーを買うとき、どちらにしょうか迷いました。


yosifuna4
海友達ウミネコちゃんたちと久々の再会。
おお、ヒサシブリ〜。元気だったか〜???
言わずと知れた、ワタクシさだざえもんとマイハニーことショアラインちゃんです。

この後、どんどん専属モデル化していきます。



yosifuna5
お師匠様〜!お待たせいたしました!
このへんからフナコシ・ザ・ダイナミック始まります〜〜
コチラがグリーン・ロック(亀ヶ鼻)でございます〜〜!!

ってか、モデル・・・小さくね?


yosifuna6
で、コチラが、出ましたーーー!!!フナコシ最大級・赤平金剛にござりまする〜〜!!
お師匠様もコーフンぎみになってまいりました・・・・。
「どこ漕いでくださーい」と指示が増え始め、撮影に没頭していくお師匠様。



yosifuna7
ヨ「できるだけ岸に寄ってってもらえますか〜??」
サ「はいはい、もちろん、いいですよ〜!こんなかんぢかしら???」
って・・・あの〜〜見えなくね?アタシ・・・
あ、もしや・・・アタシじゃなく景色を撮ってるのね・・・
そうだよね、そうですよね、
ですよね〜〜・・・・


yosifuna8
撮影返し!
赤平金剛に相当やられ中のお師匠様。

知床でも、なるべくそうしたのですが、レッスンでないとき・・・
つまり何も教えてもらえないときは、コッソリ師匠の斜め後ろのこのポジションをなるべく漕ぐようにしています。
・・・師匠の華麗なパドルさばきをじっくりと観察させていただくわけです。
別名ストーカー・ポジション?
でも、今回はモデル役が多くて、なかなかストーカーポジションに入れませんでした。




yosifuna9
・・・やっぱり見えない我ら。


yosifuna10
ほら、また撮ってるよ〜・・・
上のトンネルをくぐりぬけたところ。

だいぶ沖に出ないと、赤平金剛の全貌は入りきりません。


yosifuna11
はいはい、次はこの穴に入ればいいんですね。

お師匠様がモゾモゾとカメラを取り出す仕草を見て、だんだんどこを漕げばよいかわかってきたモノワカリのよい専属モデル。


yosifuna12


こんなかんぢでいいっすか〜〜??

お師匠様は、もしや・・・相当なスキマ★カヤックス???




yosifuna13
はい、次はコッチにも穴ありますよ〜〜!
って、あの〜・・・し、師匠は・・・フナコシすべての穴に入るつもりなのでしょうか。。。
だんだん不安になってまいりました。
だって・・・人に入らせるだけでなく、自分も入るんです。
遠くから見ると小さく見える穴ですが、それは断崖の高さゆえの目の錯覚。
どの穴も、けっこうでかいです。


yosifuna14

したがって、お師匠様は穴の中からも撮るんです。
いや、別にいいんですが・・・
いや、とっても楽しんでもらえて、嬉しい限りではあるんですが・・・・

あのー・・・ちょっとだけ・・・
一言だけ・・・いいですか?

あのぉぉぉ確か・・・明日伊勢に帰られるんですよね??



yosifuna15
全部入ってたら、1日で回りきれませんからぁぁぁぁ!
いや、多分回りきれるんだろうけれど・・・
あんまりゆっくりしてると風やら海況の変化も気になるんだよね・・・チキンさだとしては。
まだまだ、ミドコロあるからね!

フナコシの魅力は、なんといっても白・赤・緑と変化していく岩の色とその垂直度加減ではないでしょうか・・・
断崖の高さに、思わずカメラを縦にしてしまいますが、レンズの重い一眼レフにとっては
相当チャレンジングな荒業だった模様です。



sadafuna16
カヌーライフ誌に紹介されたこともある「秘密の滝」にやられるお師匠様。
初フナコシに、いちいち感動してくれるお師匠様を見て、
「いつか絶対、ココに来よう!」と思っていた頃の若かりし自分を思い出しました。


yosifuna17
大釜崎を越えると、まだまだ続くリアス式の半島がクビを連ねています。
三貫島、御箱崎半島、尾崎半島・・・
20キロ近く漕いできても、こーゆー景色を見ちゃうと、またその先へ行っちゃいたくなる・・・それが三陸魂です。



yosifuna18



つーか・・・ソレ、どーせ逆光でしょ?(専属モデルに飽きてるの図)


sadafuna6


「いや〜・・・これは・・・一泊二日コースですね〜」
白い岩と見事な南部赤松のコラボにニヤケ顔の止まらないお師匠様。


sadania

・・・と思ったら、自分も相当ニヤけてました。

年賀状用に使えそうだな。
(↑今年は出そうよ、アタシ)



yosifuna19


そろそろ、最後のオツトメ?
三陸の紅葉も始まりかけていました。


・・・ってなわけで・・・


yositana
見てください。この笑顔!
「フナコサー★ヨシカド」の誕生です。
(フナコサー:フナコシを回ったものに与えられる称号)

お師匠様に、とーーーーっても楽しんでいただけたようで、
へんてこガイド勢といたしましても、とってもシアワセなツーリングだったのでした!
お師匠様、ホントにどーもありがとうございました!
来年また来て下さいね〜〜

三陸カヤックス一同、いつでも受けて立ちます!!




*船越半島は、太平洋に面している外洋のため風や波の影響を受けやすく、
万が一のときに避難できる岸も少ない、厳しめなコースです。
(この日は結局、西は吹きませんでしたが、外洋で南・・・つまり向かい風・・・なところやバタバタ波なところもありました。撮影は、穏やかなところでのみ行っています。)
フナコシ★パドリングに関するお問い合わせは、MESAへ

パドルコーストで扱っている艇は東北でも試乗できます。
岩手釜石MESA・・・セドナ
青森八戸リバーランズ ・・・カリプソ
宮城女川アースクエスト・・・いろいろ

興味のある方は、ぜひぜひ〜〜!
| 三陸カヤック | comments(4) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
スポンサーサイト 00:35
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








いや〜景色がデカいね♪
写真じゃ映らない美しさ迫力がいっぱいあるんだろうなぁ...。
リアス式ってのは気をつけないとエスケープゾーンないから
その日の環境で難易度がもの凄く上下しますね。
いやはや良い所ですね、是非漕いでみたい所です☆
posted by | 2008/10/22 8:21 AM |
いや〜凄い景色だね〜!
どうりで岩手のおてんばさんが、惚れるわけだぁぁ〜
こんなの見せ付けられたら、漕ぎに行きたくなっちゃうね!

ここで質問・・・
みんなラダーないんですね。

私もシングル艇で1眼使うんですが、波で左右に振られてる最中なんて、ラダーで微調整できるんですが・・・スケグ艇で撮るなんて凄いですね〜。
posted by fuji-sin | 2008/10/22 9:28 AM |
お疲れ&ご無沙汰です。
ぜひ今度船越ガイドをお願いします!
吉角さんとのツーリング、うらやましいっす。
今年は三陸行けないですが、来年はまた遊びにいきたいなぁ。

おおっと、なぜかうちの店の名前もでてますね。。

カリプソで自主トレです!

posted by リバラン | 2008/10/22 1:31 PM |
名無しのナオくん>フナコシは、ホントいつも海況にヒヤヒヤです。だからこそ、いつも吸い込まれるほど圧倒されちゃいます。
ぜひ漕ぎに来て〜〜!

fuji-sinさん>そうです。オトメゴコロは、いつもフナコシです。
フナコシを漕ぐと半年ぐらいシアワセでいられます。笑

ラダーについては・・・あたしもハニーの前はラダー付でした。
でもハニーの場合は、ラダーなくて十分です。
頼めばオプションでつけられるみたいだけど。
スケグで一眼レフは、師匠ゆえになせるワザだと思います。

リバランさん>ゴブサタです!勝手にリンクしちゃった〜。
つーか・・・十和田湖紅葉ツアーに行きたかったのに用事ありで残念〜・・・涙。でも盛況なようで、よかったですね!!

あのカリプソは知床でかわいい女子大生が乗ってたんだよ〜!
ぜひ来年フナコシに持ってきて、一緒に漕ぎましょ〜〜〜
posted by sada | 2008/10/24 11:35 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>