続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活

横浜から岩手に移住し早○年。カヤック&農作業ほかお外遊びなら、なんでもOK!
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
冬なのに・・・ 21:29
summit1
半袖の人、約1名・・・(しかも、なんでこんな足開いてんだ??苦笑)

って、さりげなく五七五なんぞにしてみつつ、
さりげなく「旧暦正月おめでとう」も逃しつつ、
さりげなく「おいおい、2か月もたつのにまだ更新しねーのか」と催促が来ても笑って流してみつつ、
さりげなく、さりげなーーーーーーく更新してみる。
続きを読む >>
| 三陸を救え | comments(17) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
ってことで、ありがとう WE LOVE SANRIKU 20:59
ってことで、いつものことながら更新が全然追いつかない今日この頃ではございますが、
とにもかくにも、やってよかったWE LOVE SANRIKUなのであります!


welove1
続きを読む >>
| 三陸を救え | comments(3) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
えーとぉぉ、そのぉぉ・・・・つまり一緒に漕げば、わかると思うんだな 21:41
huna

ね?
こんな場所に行ってみたいと思わない???




これもちゃんと・・・岩手です。
続きを読む >>
| 三陸を救え | comments(5) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
風が吹く〜〜 00:31
この日曜日は、なんだかすごく嬉しかった。
続きを読む >>
| 三陸を救え | comments(4) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
無駄なテーコーはやめないのだ。京都議定書にモノ申すとすれば。 22:55
さだブロで親の話題をすると、
遠くからコソ見している老父君より
「親をネタにしなさんなよ!」とツッコミが入るのは十分承知してはいるのだけれど、
でも、最近ふと思い出したことがある。

それは、アタシがまだ横浜ギャル→渋谷ギャルだった頃。
今となっては誰も信じてくれないかもしれないけど、当時はいちおアタシだって
そりゃぁ誰が見たってお年頃のピチピチシティーギャルだったわけでございますから
毎朝、洗面所の独占時間が長いこと、長いこと・・・。
いろいろ塗ったくってみたり、髪をいろいろいじくってみたり・・・
そんなうら若き乙女の背中に向かい、父は声高らかにこー言ってからかった。

「無駄なテーコーはやめよ!!」

あれから十数年経った今も、アタシは未だに反抗期らしく、親の忠告を聞かない。
どうにもこうにも、「無駄なテーコー」が好きらしい。
メイクだのなんだのは、今じゃ時折「すっぴんかと思った」と言われるほど
「必要最低限」自体のボーダーラインがものすごく下がってしまってはいるものの、
いちお必要最低限のものは塗ってるし、毎日まゆ毛も書いている。

それに加えて、さらに「無駄なテーコー」に思えるにも関わらず
やり続けてるのが・・・核燃料再処理問題だ。(←そー来たか。はい、そうですよ)

いや、でも「無駄なテーコー」に見えて、最近はアタシと大体同世代、
いわゆるロスジェネチームを中心に少しずつ輪が広がってきてるようにも思える。
3.16の仙台イベントだって、昼間はフツーに仕事してる我ら世代が
毎晩徹夜に近い状態でがんばったおかげで、大盛況だった。
そーゆー動きを見てると、相変わらず無関心層のほうがずっとずっと多いってことは
重々わかっていつつ、ついついアタシもやっぱな〜・・・ってなかんぢになっちゃうし、無駄なテーコーじゃなくなるかもしれないではないか!・・・とついつい思ってしまう。

つーか、とりあえず、やらずにダメより、やってダメのほうがずっといい。
まゆ毛だって書かないよりは、書いてたほうがいいのだ・・・(多分)
だから、やっぱりアタシは今後もまゆ毛を書き続けるのと同じように、
この問題に関しては、自分にもできることを思いついたときはやっていこうと思う。

そんなわけで、このたび思いついてしまった
題して「さだっちょん的『無駄なテーコー』作戦」は、何かっていうと
内閣官房が募集してる「京都議定書目標達成計画(改定案)」に関する
国民の意見(パブリックコメント)だ。

内閣官房のページ
「京都議定書目標達成計画(改定案)」(PDF)

131ページもある長文なんだけど、P48〜49(PDF上はP52-53)に平成17年改定のときには
なかった原子力発電やプルサーマル計画に関する記述がある。
カンタンに言うと、原子力発電やプルサーマルは、二酸化炭素を排出しない地球温暖化に貢献する有力なエネルギーだから強力に推進していくというような記述だ。

それで、せっかく政府が国民から広く意見を直接聴取して参考にしてもらえる
貴重なチャンスなのだから、アタシは、アタシの意見を書いて送ることにした。

しかも、アタシはとても親切なので、自分の意見の下書きと
計画の該当箇所、そして募集要項をアップしておく。

おいおい、ここで読みやめるなよ〜〜。ここからが本番。
トイレに行って、ビールのお代わりを用意したら
↓ココをクリックするように。
続きを読む >>
| 三陸を救え | comments(5) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
進化するサダ侍・・・Our Ocean 20:38
ふぅ〜・・・
今まで撮りためた写真で、アタシとしたことが
こんなんつくってみましたんこぶ。



4分52秒ぐらいです。
処女作のため、自分的には気に入らない部分も少しあるんだけど
飽きたから、このへんで勘弁。

【本日の結論】
IT関係で働く人って、つくづくスゴイ・・・
| 三陸を救え | comments(12) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
都会に泳ぐ大漁旗・・・ 21:54
hibiya8
「アタシは一人でも行くよ!」

と言い張って聞かない、熱心な・・・っつーか、ったくしょーもない(?)
岩手県サーファーに突き動かされ
突如ロッカショイベント(pdf)見学に東京へ。
つーか、アタシの思いつき行動は、いつになったら治まるのでしょう。
いや、治まりはしない。(反語)

しっかし往復夜行バス日帰りは、さすがにねみーーー。
やべー。トシか・・・
っつったって、アタシより断然遠くて片道6時間以上もかけて
重茂・田老・大浦から乗り込んだ漁師さんたちに比べたら文句はいえないか。

会場に集まった人のどれぐらいが、重茂・田老・大浦がどんなとこだか
知ってるのかしらないけど、とりあえず新幹線の通る盛岡まで行くのに山越え谷越え
3時間ぐらいかかる。
大体さ、重茂や大浦なんて沿岸のくせに、海に向かって
険しい山道をクネクネくねくね登っては下ってを繰り返し、
ホントに道あってんのか?って不安になってくる頃にやっと着くような場所なのだ。
切り立つ断崖のカッコイイ三陸リアス式の、かなりディープなとこ。
つまりアタシは・・・よく使う。笑

人を寄せ付けない場所だからこそ、豊かな漁場がある。
そしてヨダレが出ちゃいそうな絶景がある。

で、アタシは漁港やトイレを使わせてもらったり、風が強いときに避難してたら
宴会に呼ばれてそのまま泊めてもらったりと、とにかくカヤックやってる以上
漁師さんたちには、いろいろ世話になりっぱなしで頭があがらないわけだから、
やっぱりこれぐらいで文句を言ってはいけない。
(・・・でも今はやっぱり眠い。)

そんな場所から、忙しいに違いない合間を縫ってなんと50人超?
カッパ姿に大漁旗にタオル巻き、都会のど真ん中で目立つのなんのって。
荒海のオトコたち、我ながら、かなりカッコよかった。
さすが本州最東端・重茂!!そして、さすがフナコシ(大浦のあるとこ)!!!
WE LOVE SANRIKU !!!!!

けど、こんなことやっちゃって内心三陸の風評被害がマジメに心配になってきた。
ここにいるのは、三陸の漁師さんたちのごくごく一部。
声をあげられない、またはあげたくないかもしれない漁師さんたちは、一体どう感じるだろうか・・・
そんなチキンカヤッカーの胸の内をよそに、彼らは何のためらいもなくこういった。


「風評被害はいつか消えるけど、放射能は消えない」
続きを読む >>
| 三陸を救え | comments(5) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
「最近は何にハマってるの?」 21:55
と、偶然ヒサシブリに会った(←東和では、やたら多いシチュエーション)
ちょっと年上のお友達Rさんに聞かれ、思わず

「議会傍聴です!」

と答えてしまった、さだやっこです。
最近、同じ職場の人っていうか、元上司とかも、けっこうさだブロをチェックしてるらしいから、
仕事休んで何やってるかがバレバレっていうデメリットがとてもたくさんあるのだけど、
ま、どうせアタシは、昔から「デメリッターズ」という称号を与えられてるわけだから、
ここは一つ開き直って書いちゃうぞーーー!笑
いいんです。有給休暇は、労働者の当然の権利なのです。

だって・・・気になるじゃない?
岩手県議会議員っていう岩手県民の声を代弁する立場の方々が、岩手の海や空に放射能が流れてくることに対して、どーゆー判断をするのかがさ。
続きを読む >>
| 三陸を救え | comments(0) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
さぁ、みんなで考えよ〜〜! 00:22
・・・っていうテレビ番組なかったっけ?

ってことで、またおもしろい動画発見。
http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=592
河野太郎、田中康夫、川田龍平とそうそうたる顔ぶれの国会議員が、それぞれの見解をトークしてます。
全部見れば長いけど、ほいでも非常に短時間でいろんな仕組みが勉強できると思います。

それと12.5岩手県議会高橋博之議員の一般質問が動画になりました。
コチラをクリック。
下のほうが最初かも。再生後20分ぐらいから再処理関連です。

12.10環境福祉常任委員会で、「再処理工場は空に海に放射能を流さないこと、放射能除去装置をつけるまで本格稼動しないこと」を求める請願採択に関する審議が行われます。
常任委員会の傍聴もできます。
| 三陸を救え | comments(5) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
テスト 23:48
ちょっと!
伊達にサボってたわけじゃないのよ。
ななななななんと、アタシとしたことが動画に挑戦してみる。



放射能の環境放出に関する青森県への申し入れと県側の見解です。
ちょっと長くてコトバが難しいかもだけれど
(最初のほうは特にわかりづらいけれど、ちょっと耐えてもらうと
後のほうで、わかりやすくなってきます)
様々な立場の方の意見が聞けるし、ひじょうに興味深い内容なので
時間のある方は、じっくり視聴して考えてみてくださいね〜〜。

*当たり前ですが音が出ます。職場でコソ見してる、そこのあなたは要注意!笑



*がんばって、最後までじっくりと見てくださった方・・・
続きを読む >>
| 三陸を救え | comments(14) | trackbacks(0) | posted by さだっちょん
| 1/2 | >>